アーカイブ | 12月 2016

  • 発作予防にテグレトール、明治安田生命の保険

    テグレトールはてんかんの精神運動発作や精神障害、全身けいれん発作や大発作そして躁病や躁うつ病、三叉神経痛や総合失調症の興奮状態などに対して、幅広く効果が期待できる薬です。症状によって服用する量や回数が違ってきますから、医師から指導があった通りの服用を続け、効果が十分でないときには医師に相談してから量を変えるようにするべきです。通販などでもテグレトールが入手できるようになったため、勝手に判断して飲む量を増やそうとする人もいますが、飲めばよいというものではなく、状態を悪化させてしまうこともあります。 てんかんの発作予防に優れていますが、テグレトールに含まれる成分にアレルギーがある人やほかの病気の治療薬を服用中の人、著しい徐脈だったり心臓の疾患がある人、甲状腺の機能障害などがある人は服用に際して注意が必要となるため、医師に確認したほうが良いです。 服用中に眠気が起きたり、集中力が散漫になってしまうことがあるため危険作業や運転は避けなければならず、勝手に薬の量を減らしたりやめたりするとてんかんの重責状態が起きることがあります。 予防など備えることはとても大切で、保険への加入も万が一に備えるために必要ですが、てんかんなどの病気を患っていると加入できない場合が多くなりますが、自己申告を行わずに契約してしまうと保険の支払いが行われず、無駄になってしまうことがあるので、てんかんを申告しても加入できる保険を選ぶべきです。明治安田生命では、かんたん告知医療保険などがありますが、てんかんの状態によって加入ができるかどうか違いがあるので、十分に説明を聞いて検討するとよいです。持病がある場合、一般的な保険料よりも月々の支払設定が高く定められていることが多いので、負担なく支払えるかどうかシミュレーションをしたほうが良いです。